基礎編 Tポイント基礎知識 Tポイント貯まる・使える

ポイントたくさん貯める準備|まずは一番貯めたいポイントを選ぶ【選ぶ基準あります】

更新日:

みんなのポイ活」はポイントを貯めるお手伝いサイトです。

すでにこのサイトを見ている人は何かしらのポイントを貯めていて、GoogleやYahoo!で検索してたどり着いた方が多いでしょう。

ポイントと言えば、

Tポイント楽天ポイントdポイントが代表的ですが、そのほかにもポイント制度はたくさんあります。

代表的なポイント制度

代表的なポイント制度

 

元々は各お店ごとのポイントカードが主流でしたが、お店関係なく共通で使えるポイントとして始まったのがTポイントや楽天ポイントなどです。

たかがポイントですので、そんなチマチマポイント貯めてケチくさい!と思う人もいると思いますのでそういう方は当サイトは見ないでいただいて大丈夫です。

とは言え、Tポイントだけで7000万人ほどの人が利用していると公表しています。つまり日本の人口の半分以上です。その他のポイントも合わせたらポイントを貯めたり使ったりしたことがない人の方が少ないことになります。

日本はポイント文化です。もらっていて損はないと私は思います。

 

スポンサーリンク

ポイントを効率的に貯めて、賢く使う

私自身色んなポイントを利用しています。

Tポイントが一番多いですが、貯め方・使い方にはちょっとしたコツや方法があります。

みんなのポイ活では、ポイントを効率的に貯めて、賢く使う方法をご紹介しています。

【効率的に】と【賢く】が当サイトの肝です。

そもそもポイントはただ貯めただけでは意味がなく、使って初めて意味を成します。

ポイントを貯めている人はたくさん貯まると嬉しいはずです。ポイント残高が増えること自体に楽しみを覚えている人もいるでしょう。その気持ちすごく分かります。

ただ貯めるといっても、コンビニでコツコツ1ptずつ貯めて行くのには時間と手間が掛かります。

もちろん毎回カードやアプリなどを提示することは基本ですが、それだけではなかなか貯まりません。

例えばコンビニで1万ポイント貯めるには、200円で1ポイントだとすると200万円も使わないと貯まりません。いつになるやらです。

でも別の方法なら1万ポイントも一発で貯めることもできます。このようにできる限り効率的に貯めることができれば、あとは賢く使うだけです。

賢く使う方法もタイミングや利用先などちょっとしたコツがあります。難しいんじゃないの?と言われることもありますが、結論、誰にでもできます。

当サイトでコツを取得して、効率的よくたくさん貯めて、賢く使う人が増えることを願ってます!

 

一番貯めたいポイント決める

no.1を決める

no.1を決める

 

一番貯めたいポイントを選んでください。Tポイントも楽天ポイントもdポイントも、ときめきポイント(イオンのポイント)も貯めたい!と欲張っても大丈夫です。

まず決めて欲しいのは【一番】をどれにするかです。そんな私は欲張りなので色んなポイントを貯めています。

 

【一番】貯めたいポイントはTポイントです。

貯めたいポイントの順位

私の貯めたいポイント順位

 

2番・3番という感じで優先順位をつけておくとより良いでしょう。なぜかは後ほど解説します。

まずはどうやって一番貯めたいポイントを選べばいいか、私なりの基準がありますので一つひとつ解説しますね。結構重要です。

スポンサーリンク

1番貯めたいポイントを決めておく大きな理由

「みんなのポイ活」では、ポイントは【効率的に貯めて、賢く使う】ことが大切と皆さんにお伝えしています。

どのポイントでも貯めるだけでは意味が全くなく、いかに賢く使うかが重要です。

超絶重要なのが、

【どう使いたいか】から考えるということです。

貯め方の知識習得は後からで大丈夫です。効率的に貯める方法は後からいつでも実践可能です。

まずはどう使いたいかを考えましょう。これは人それぞれです。

使い方は大きく分けると4つあります。

  • 日々の出費を抑えるために使う
  • 欲しいものを買うために使う
  • 人のために使う
  • 資産を増やすために使う

 

日々の出費を抑えるために使う

多くの方は日々の出費を抑えるために使っています。

できるだけお得に買い物をするためにポイントを貯めて使うという、ごく一般的な使い道です。これを貯める理由にするのも全然ありです。

むしろ、これが1番多いでしょう。毎日買うものを少しでも安く買えたらいいですもんね。

欲しいものを買うために使う

日々出費を抑えるためとはやや異なるのが、ポイントで欲しいものを買うというケース。

例えば、パソコンや洋服、ゲーム、など自分へのご褒美などで欲しいものを買う時にポイント使います。これも全然できます。何が欲しいかによりますが、ある程度の辛抱は必要ですね。旅行資金積立てのポイント版みたいなイメージです。

1年間頑張って貯めて、一気に旅行に使うなど、毎年、その時が楽しみになりますね。楽しみのために日々辛抱です。

人のために使う

これはなかなか出来る人はいません。利他の心が強い人ですね。分かりやすいのが寄附。寄附ができるポイントはいくつかあります。震災など災害が起きた際に立ち上がる募金制度でポイントを使ったり、ユニセフなど定常的に寄附を募っているものにも使えます。

私も震災が起きた際はできるだけポイントで寄附するようにしています。現金でたくさん寄附できなくてもポイントなら自分自身の生活に支障は出ない範囲で誰かの役に立つことができます。

Tポイントで募金 チャリティー参加

またポイントで誰かを支援することもできます。クラウドファウンディングという制度にポイントが使えたりします。

Tポイントで起業家を支援!誰でも参加できるクラウドファウンディング「GREEN FUNDING by T-SITE」

ポイントを使って支援、つまり投資家になったり、アイドルの卵を応援するのにポイントを使うことができます。CDやグッズを買うことで応援することはもちろんですが、自分が貯めたポイントを支援して活動費にしてもらうなど応援の仕方が増えています。

Tポイントで手軽に応援できるファンクラブサイト【GREEN×Tポイント】新しい応援の形!

資産を増やすために使う

資産を増やす

資産を増やすために使う

 

最後が資産を増やすためにポイントを使う、です。

私はこれが1番の使い道にしています

 

ポイントってたくさん貯めても買い物などで使ってしまったら、普段の生活の足しにはなりますが、結局なにも残りません。

貯めたポイントを金銭的価値あるものにし、さらに増やすことができれば、長期的にみて1番得になります。

何かというと答えは簡単です、ポイント投資です。

SBIネオモバイル証券

投資はリスクが付き物です。生活に支障が出るくらいの金額を投資に回してしまい損失を出した時には最悪破産です。

でもポイント投資ならあくまでおまけで貯めたポイントです。ポイントが減るという損はあり得ますが、実質的な金銭的損はありません。なぜならポイントだからです。ポイントで投資をする方法を知った時にはこれしかない!と感じ、全額ではないですが、毎月貯めたポイントの一部を投資に回しています。

実際の運用レポートも公開しているので興味ある方はどうぞ。

ポイント投資レポート

 

おさらい

どんな使い方をしたいか決まったら、あとはその使い方で1番メリットがあるポイントを1番貯めるだけです。

私のケースを見ながら、考えてみてください。

●私の場合

貯めたいポイント

  • 1Tポイント
  • 2楽天ポイントとdポイント
  • 4番以下同列

使い道

  • ポイント投資

ポイント投資をして資産を増やす目的でポイントを貯めたいと思っています。ポイント投資ができるのは、Tポイント、楽天ポイント、dポイントとすべて可能です。

ただし、Tポイントの場合、投資信託と株購入(しかもS単元株)を購入できる点で他よりも優れています。そのため、私はTポイントを1番貯めるポイントにしています。

 

これが正解というわけではありません。あくまで私の意思です。
性格や今の生活状況によって異なると思います。皆さんもそれぞれどんな使い方が
1番あっているか、一度考えてみてください。

 

1番貯めたいポイントは投資に回すためにTポイントにしていますが、もちろん他のポイントも貯めていて、2番の楽天ポイントとdポイントは、実はこれも投資用です。

 

4番以下のポイントは日々の生活の足しにするために貯めて買い物時に小まめに使ってしまいます。

 

という感じで私はポイントに優先順位を付けて、優先順位が高いポイントを中心に貯めて、ポイントごとに近い道を分けています。

 

スポンサーリンク

最後に

決めきれないな〜とお悩み(そんな悩む話でもないですが)の方は相談に乗ります。何名もの方にLINETwitterより直接ご連絡いただいております。

今回の内容以外でもポイントの貯め方やカードが使えなくなったなどのお困り時もお気軽にお問い合わせください。すぐに返信できない場合が多いですが、ちゃんと返信します。

Twitterはこちら

 

LINEはこちら

友だち追加

決めたらあとは効率的に貯めるだけです!実践していきましょう。

-基礎編, Tポイント基礎知識, Tポイント貯まる・使える

Copyright© みんなのポイ活 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.