基礎編

1万ポイント貯めるのは余裕です。【その答えはキャッシュレス決済】学生・主婦でも大丈夫。

まずポイントを貯める際に欠かせないのが、クレジットカードです。ポイントを運営しているところでは必ずと言っていいほど、クレジットカードを発行しています。

クレジットカード

クレジットカードはちょっとと言ってる方は時代についていけなくなり、損します。使い過ぎが怖いなど以ての外です。はっきり言って、使い過ぎないように自己管理してください。感覚的にですが、たぶんそういう方は、ポイントも貯めることも難しいでしょう。

 

各ポイントとクレジットカードの一例です。これだけでも大手ポイント事業者はクレジットカード出しているのがわかります。

ポイントとクレジットカードポイントとクレジットカード

Tポイント

Tカードプラス、ヤフーカード、ファミマTカードなど

楽天ポイント

楽天カード

ときめきポイント

イオンカード

dポイント

dカード

Pontaポイント

Pontaカード

LINEポイント

LINE Pay カード

 

貯めたいポイントのクレジットカードを必ず作りましょう。理由は二つです。

理由は二つ

 

  • 発行でポイントが一気に貯まる
  • カード決済で毎月ポイントが貯まる

クレジットカードを発行する時に入会キャンペーンと称して数千ポイントをプレゼントしているところが多いです。ヤフーカードや楽天カードは特にポイント数が多く、私は各クレジットカードごとに10000ポイントくらいゲットしています。

 

あわせて読みたい
クレカ特集
2019年「ポイントが貯まる」おすすめのクレジットカード特集!年会費無料で高還元率カード!2019年おすすめのクレジットカードをご紹介です。今回は、ポイントが貯まるクレジットカード! Tポイント・楽天ポイント・Ponta...

 

発行で3000ポイント、利用で5000ポイントなど、条件クリアでもらえることが多いですが、普段の現金払いをクレジットカードに変えるだけなので楽勝です。

 

これはみんなもらうべきポイントです。

 

入会でポイントを大量にもらい、あとは毎月ちゃんと使い続ければ、クレジットカード利用に対して100円から200円に付き1ポイントがもらえます。

 

普通のポイントだけのカードよりもクレジットカードに各社特典を寄せています

 

例えばTポイントの場合は、ファミマやエネオス、TSUTAYAなどTポイントが貯まるお店でポイントカードを提示して現金払いした場合は200円1ポイントです。

 

一方Tポイント機能があるクレジットカードで支払うと先程の200円1ポイントに加えてクレジットカード決済ポイントが100円1ポイント、もしくは200円1ポイントもらえます。

 

つまりクレジットカードを使うと倍以上のポイントがもらえるということです。

 

ファミマで1,000円分買い物をした際に現金払いとクレジットカード払いでどれだけ差があるかを表したのがこちら。

ポイントの貯まり方比較ポイントの貯まり方比較

 

ね、クレジットカード使わないと損でしょ?持てる人はなるべく、というか、個人的には常に支払いはクレジットカードを強くおすすめします。

 

楽天カードやヤフーカードの決済ポイントは100円で1ポイントなので、毎月10万円使えば1000ポイントです。クレカはマストです。

 

 

 

あわせて読みたい
【ポイ活・ウエル活】Yahoo! JAPANカード!年会費無料!ポイント還元率1%の最強カード!皆さんはどこのクレジットカードをお使いですか? 私は色々なクレジットカードを比較・利用した結果、ヤフーカード(YJカード)、正式には「...

 

デビットカードでもOK

クレジットカードは審査があるので持てない人もいますが、そんな時はクレカではなく、デビットカードを使うといいでしょう。

楽天銀行デビットカード

あわせて読みたい
楽天銀行デビットカード
「楽天銀行デビットカード」のメリット・年会費・ポイントについて解説!【100円で1ポイント貯まる】今回のデビットカードについて解説します。 デビットカードって日本ではクレジットカードほど浸透していませんが、海外ではデビットカード...

デビットカードは審査がありません。クレジットカードは信用に対して後払いができるものですが、デビットカードは銀行口座にある分だけが利用できるもので、審査はありません。

 

現金の場合は銀行口座からお金をATMなどから引き出し、財布に入れて、支払いという流れですよね。誰でも分かる当たり前のことですが。

 

一方、デビットカードはお金を銀行口座から引き出すという行為が発生しません。デビットカードで支払うと銀行口座から即時引き落としです。

 

時々、残高不足でお店で恥をかかない?と心配する方がいます。

 

一度考えてみてください。

 

今はアプリを使えば残高がどれだけあるかはすぐに分かります。財布にいくらのこっているか、銀行口座にいくら残っているか、どちらがすぐに調べることができるかというとスマホでサッとみれる方が早いですよね。

 

利便性や手間が掛からない点はキャッシュレス決済のメリットです。

 

キャッシュレス決済のデメリットは使えない店があること

これは持論ですが使えない店ってお客さんのことを本当に考えて運営している店ではないと思っています。様々な意味で選ばれなくなるところが多いでしょう。

 

決済機能を導入するとお店は手数料が掛かるのでコストが増えるというのは分かります。店を運営する上でコスト管理は重要です。

 

一方でそれ以上に大切なのが、お客様です

 

クレジットカードやPayPayなどのスマホ決済が広まり、2019年10月から2020年6月の間はキャッシュレス決済をするとポイント還元制度が導入されていて、キャッシュレス決済するとポイントがもらえます。

 

これは増税したことによる消費傾向を下げないための施策でもあるので、消費者としてはキャッシュレス決済ができないと増税の影響をもろに受けてしまい、損した気分になります。

 

キャッシュレス決済ができない、つまりその店は使われない(選ばれない)可能性が増えます。

 

お客さんが減っちゃうと店としてはコストを削減している意味はありません。ここを理解してもらいたいなと思います。

 

つまり言いたいのは、キャッシュレス決済ができない店は今後確実に減っていく、ということです。

 

今は現金払いで何も不自由ない社会ですが、すぐにキャッシュレス決済がスタンダードになってきます。

 

現金払い派は根強くいらっしゃいますが、キャッシュレス派への転向は今がチャンスです!

 

現金払いをクレジットカードやデビットカードに変えるだけ

できるだけ普段の支払いをクレジットカードもしくはデビットカードにしてください。コンビニで100円のコーヒーを買う時もです。

 

楽だしポイント貯まるし、実はお店の人も楽なので、双方嬉しいのがクレジットカード決済に代表されるキャッシュレス決済です。

 

社会人の方であれば、支払いをクレジットカードにだいたい寄せると5万円は使うはずです。毎月500ポイントで年間6000ポイント貯まります。

 

支払い方法を変えるだけでポイントが貯まります。プラスの要素しかありません。

 

無くしてしまう不安や不正利用があった場合を考えると怖いなど考える人もいますが、無くしたら止めればいいですし、不正にあったら基本は補填されますので、手間は掛かりますが注意して使っていれば、メリットだらけなのがキャッシュレス決済です。

ポイントが貯まる銀行口座

そのほかに試してもらいたいのが、ポイントが貯まる銀行口座の開設です。私は新生銀行を使っています。新生銀行はTポイント・dポイント・nanacoポイントからもらいたいポイントを選ぶことができます

 

新規口座開設の場合、600ポイントは手堅くもらえます。さらに取引を増やすと最大5000ポイントゲットです。

 

毎月アクションに応じてポイントが貯まる数少ない銀行口座の一つが新生銀行です。

 

楽天銀行では取引に応じたランク制が設けられており、ランクに応じて楽天スーパーポイントがもらえます。

 

楽天銀行やauのじぶん銀行などポイントが貯まるので貯めたいポイントが貯まる銀行口座を開設しておくといいでしょう。

 

最後に

以上のことをしてもらえれば簡単にポイントが1万ポイントは貯まります。現金の価値が高い日本ではキャッシュレス決済が遅れているのは確かです。

 

ただ、今後はキャッシュレス決済を政府としても後押ししていることを考えると何年後かは当たり前になっていると思います。

 

当たり前になってしまうと、特典やインセンティブがもらえないもしくは少なくなる可能性も大いにある(インセンティブがなくてもクレジットカードやデビットカードを作るため)と思いますので、おすすめは早めに作っておくことです。

 

ポイントも貯まるし、支払いも楽、手間が掛からないキャッシュレス決済、個人的には使わないのがもったいないと思います。

 

今までは使うメリットがそこまで多くなかったので、待たずして生活はできていました。でもこれからは主婦も学生も社会人になったばかりの方も持った方が得になる時代です。

 

検討してみてください。

 

これだけは言えます。確実にポイントが貯まります。ポイントが貯まれば少しは足しになります。

さらに投資に回せば、増える可能性があります。一緒にポイントを貯めましょう。

投資に興味がある方はこちらの記事もどうぞ。

あわせて読みたい
SBIとネオモバ比較
投資をこれから始めるならTポイント投資!「ネオモバ」と「SBI証券」は何が違うの?Tポイントで投資ができるようになったことにより、投資へのハードルが低くなり、 これまで興味はあったけど、やったことが無い人の投資をする...