基礎知識

Tカードとは−種類や作り方・使い方の基本まとめ−

更新日:

Tポイントを貯めたり・使ったりするにはTカードが必要です。一昔は主にTSUTAYAで作ることができたので多くの方はTSUTAYAのカードという認識だと思います。現在はTSUTAYAはもちろん、多くのお店でTカードを作ることができます。まだお持ちでない人は是非作ってみてください。

スポンサーリンク

Tカード概要

Tカードは、1枚で全国のTポイント提携先でTポイントを貯めたり使ったりすることができる共有ポイントカードです。
Tポイントのマークがあるカードは全てTカードです。例えば、カメラのキタムラで作ったTカードでも、ファミリーマートやウエルシア、TSUTAYAなどTポイント提携先で使うことができます。

Tカード ENEOS

Tカード ファミマ

Tカードカメラのキタムラ


Yahoo!JAPANカード

Tカード ソフトバンク

Tカードプラス

一部ですが、これは全てTカードです。その他にもたくさんあります。どこで発行されていようが、クレジットカードがついていようが、デザインが異なろうが、Tカードです。全国のTポイント提携先で共通で使うことができます。

Tカードの種類

Tカードには種類があります。種類によって受けることができるサービスが異なりますので、ここはTカードを選ぶ際にとても重要です。

  1. 通常のTカード
  2. クレジット機能付きTカード
  3. 決済機能付きTカード(クレジットカード以外)
  4. キャラクタデザインTカード

スポンサーリンク

通常のTカード

無料でTSUTAYAやファミリーマート、ENEOS、ウエルシアなどにて、いつでも簡単に作ることができます。
皆さんが持っているTカードは通常のTカードが殆どです。具体的にどれ?と思う方もいるかもしれませんが、2 〜4以外は全て通常のTカードに分類されます。

 

クレジット機能付きTカード

Tポイントを貯める・使うこと以外にカード決済ができる機能がついたTカードです。私は普段からクレジット機能付きTカードを使っています。なぜならTポイントがたくさん貯まるからです。実はたくさん種類があります。オススメは「Yahoo! JAPANカード」です。

Yahoo! JAPANカードは、年会費無料、Tポイント還元率が1%と楽天など他社のクレジットカードのポイント還元率と同様です。Tポイントが一番貯まるTカードは、Yahoo! JAPANカードです。クレジットカードの利用金額に対して1%のTポイントが貯まりますので、例えば、月間5万円のクレジットカード利用がある方は、500ポイント貯まります。年間で6,000ポイント貯まりますので大変お得です。

Yahoo!JAPANカード

 

おすすめポイント

  1. 年会費無料
  2. クレジットカード決済金額100円につき1ポイント
  3. Yahoo!ショッピングやLOHACOでお買い物した場合はTポイントがいつでも3倍
  4. Apple Pay対象カード

よく楽天カードとどちらがいいのか?と聞かれます。
楽天カードも年会費無料、100円で1ポイント貯まり、楽天市場での特典も充実しているので、楽天市場を良く使う方はよいと思います。ただし楽天市場とYahoo!ショッピングに両方出店しているお店は非常に多く、Yahoo!ショッピングでも十分なのが私の印象です。
さらに ネットショッピングだけでなく、リアルの店舗でも提示することでTポイントが貯まります。リアル店舗の提携先はTポイントが断然多いので総合的にYahoo! JAPANカードがよいと思います。

 

その他のクレジットカードは、クレジット機能付きTカード一覧よりご覧ください。

 

TSUTAYAではTカードプラスというクレジットカードを発行しています。

TSUTAYAが大好きでよく利用する人にはおすすめですが、ツタヤはあまりいかないという方はやはりYahoo! JAPANカードがおすすめですね。

 

スポンサーリンク

決済機能付きTカード(クレジットカード以外)

クレジット 機能以外にも決済機能がついたTカードがあります。

  1. デビット機能付き
  2. プリペイド機能付き
  3. ローン機能付き

デビットカード

デビットカードは提携銀行から発行されているTカードです。スルガ銀行とジャパンネット銀行の2種類があります。
デビットカードとは、預金口座と紐付けられた決済カードで、このカードで決済すると代金が即時に口座から引き落されます。
そのため、それぞれの銀行口座を作る必要があります。口座開設とカード発行はともに無料です。クレジットカードは使い過ぎがコワイな、という方はデビットカードがおすすめです。

プリペイド機能付きTカード

 

Tカード ソフトバンク

 

プリペイド機能付きTカードは、ソフトバンクユーザーのみ発行できるソフトバンクプリペイドカードがあります。
下記の機種を既にご契約のお客さま、もしくは下記機種の新規ご契約と同時にソフトバンクカードにお申し込みいただけます。

法人契約は対象外です。

  • iPhone
  • SoftBankスマートフォン
  • SoftBank 3G(携帯電話)

年会費無料です。プリペイドカードは事前にチャージして使います。Suicaのようなイメージです。チャージ方法は何通りかありますのでご確認ください。
Tポイントからチャージ、クレジットカード、銀行振込み、セブン銀行ATMからなど方法はたくさんあります。

 

ローン機能付きTカード

Tポイント付きリザーブドプランカードという名前でスルガ銀行から発行されています。
年会費は無料ですが、ローンカードですので審査があります。

 

 

Tポイント付きリザーブドプランカードの特徴

  1. 返済金額100円につき1ポイントTポイントが貯まる
  2. Tポイントで返済可能

Tポイントを貯めていてローンカードを検討されている人は、Tポイントでローン返済できるのでけっこうお得です。

 

キャラクターデザインTカード

アニメやキャラクターやアーティストとコラボしたTカードがあります。

発行には500円が掛かります。その分、限定グッズが買えたり、抽選で特典が当たったり、独自の特典が必ず用意されていますので、好きなキャラクターやアーティストのTカードが発行されていれば、ファンの人にとっては嬉しいですね。何より、常にお財布に入れて持ち歩ける嬉しさもあるかも?お気に入りの一枚を探してみてください。

 

Tカードの作り方

TカードはTポイント提携店舗やインターネットで発行することができます。店舗で作る人は、お店の人にTカードを作りたいと伝えてください。
店頭で書類を書いて登録後、その場でTカードを受け取る方法と、お店ではTカードだけ受け取りネットで登録をする方法があります。

Tカード情報登録が必要なTカード

有名な店舗ですとファミマでは、Tカードがレジや棚においてあり、誰でも持って帰ることができます。ただし、登録はご自身でネットから行います。登録しなくてもTポイントを貯めることはできますが、貯まったポイントを使うには登録が必ず必要です。お客様情報登録からご登録できます。
クレジット機能付きTカードや決済機能付きTカード、キャラクターデザインTカードはネットからも発行ができます。
ネットから発行できるTカード一覧

 

最後に

Tカードの種類はたくさんありますね。これからも益々増えていくと思います。たくさんTカードを持つことも可能ですが、貯めたTポイントを使う時は、できれば合算して使いたいですよね。複数のTカードに貯まったTポイントを1枚に集約することもできますが、毎回行うのも手続きが面倒なので、出来ればメインのカードを作っておくほうがよいです。おすすめはYahoo! JAPANカード」ですが、クレジットカードに抵抗がある人や、持つことができない方はデビットカードやプリペイドカードでも良いと思います。Tポイントを貯めるのであれば、普通のTカードは個人的にはおすすめしません。

ご自身にあったTカードを探してみてください。
以上、Tカードについてでした!

スポンサーリンク

-基礎知識
-,

Copyright© みんなのポイ活 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.