キャッシュレス決済 スマホ決済

【お店の運営の方向け】簡単PayPay導入ガイド  なんと3年間はコスト0円!

投稿日:

PayPay

ソフトバンク・Yahoo!グループのQRコード決済サービス「PayPay(ペイペイ)」ですが、数あるQRコード決済サービスの中でも最も知名度が高いスマホ決済サービスになっています。

お笑い芸人の宮川大輔さんを起用したCMや100億円プロモーションで認知度が一気に上がりました。

キャッシュレス社会に向けてお店を運営している人は気になるでしょう。

お店の方向けに導入方法や使い方、決済手数料など、PayPayをお店で使えるようにするための情報を公開しています

これから導入をお考えの店舗を運営されている方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

PayPay概要

PayPayのサービス概要はこちらの記事を参考にしてください。

お店としては運営元は気になるところだと思います。

PayPayは先述の通り、

SoftBank(ソフトバンク)と、Yahoo!(ヤフー)の合弁会社「PayPay株式会社」が2018年10月開始したQRコード決済サービスです。

インドの決済サービス事業者「Paytm(ペイティーエム)」と連携して、サービスを提供しています。

運営元については誰もが知っている大手企業ですので問題はないです。

ユーザーとしてまだ使ったことが無い人はこちら。ダウンロードは無料です。

PayPayの利用者数は1,000万人を突破しています。(2019年8月現在)

この数値はすごいですね。日本人10人中1人はPayPayを使っている計算になります。

PayPay(IOS専用)iPhone

PayPay(android専用)

 

 

 

 

 

ユーザー側からするとPayPayはチャージが必要なので利用する際は、まずはいくらかチャージします。

チャージしたらできればPayPayで支払いしたいですよね。チャージしているのに現金で払ったらなんか損した気分に・・・

そうした心理が働きできるだけPayPayが使える店舗を選ぶようになります。そしてそんな人が1,000万人超え

つまりお店でPayPayが使えるかどうかは売上に影響してくる訳でPayPay導入店舗が増えているんですね。

導入メリット

  • 1,000万人利用者のPayPay導入で売上UP(選ばれる店舗に)
  • PayPayコードでAlipay(中国スマホ決済)も使える!決済手数料ゼロ!(2019/09/30まで)
  • 支払い時間の短縮化によるオペレーションコスト削減
  • 管理コスト軽減(現金の管理が減る)
  • キャッシュレス・消費者還元制度対象サービス

導入メリットはたくさんあります。

国が推奨していることもありキャッシュレス決済による売上UPやコスト削減は大いに見込めるでしょう。

スポンサーリンク

導入方法大枠スケジュール

paypay申込みの流れ

paypay申込みの流れ

申込みステップ(約1週間です)

  1. PayPay申込み受付サイトで申込み開始(必要情報入力)
  2. 申込み案内メールが届く
  3. 届いたメールのURLより審査情報の入力
  4. PayPay側で審査
  5. 審査通過後、ご利用開始のお知らせメールが届く
  6. PayPayコードキットが届き初期設定(ご利用開始のお知らせメールの約1週間後が目安)

こんな感じで約1週間でPayPayがお店で使えるようになります。

WEB画面から申込みする方法とPayPayアプリ申込みする方法の2パターンがありますが、WEB画面から申込みが簡単でおすすめです。

見ていただいた方が早いのでまずは以下の申込み画面よりチェックしてみてください。

 

申込みを検討している方や、既に申込み完了しているけど、しっかりと受付されたのか不安な方、審査の状況が知りたい方は以下のお問い合わせ窓口で確認してみるとよいです。

<申込み検討中の方>

PayPay加盟店新規受付センター
Tel:0120-957-640(10:00~19:00※メンテナンス日を除く)

<申込み済みの方>

PayPay加盟店サポートデスク
Tel:0120-990-640(24時間受付 土日祝日を含む365日対応)

導入方法詳細(ステップ)

詳細のステップです。ステップとってもとても簡単です。

【ステップ1】PayPay申込み受付サイトで申込み開始(必要情報入力)

paypay申込画面

paypay申込画面

 

以下の情報を入力します(所要時間:約1分)

  • 氏名
  • 連絡先メールアドレス
  • 連絡先電話番号
  • ご連絡可能な時間帯(任意)
  • 事業形態(法人or個人事業主の選択)
  • 法人の場合:法人名・任意で「法人番号」
  • キャンペーンコード(お持ちの場合)

※キャンペーンコードはPayPay加盟店の紹介の場合(特典:1,000円)

【ステップ2】申込み案内メールが届く

申込みが完了すると入力したメールアドレスに案内メールが届きます。

届くメールは以下の件名・送付元メールアドレスです。迷惑フォルダに入ってしまうケースもあるので受付したら届いているかチェックしましょう。

件名:【重要】PayPayより(お客様の氏名) 加盟店登録の続きはこちら

送付元メールアドレス:shopinfo@paypay-corp.co.jp

ステップ1は受付のようなもので、本申込みのURL(リンク)がメールに記載してあります。

【ステップ3】届いたメールのURLより審査情報の入力

このようなメールが届いています。

電話で手続きか、

オンラインで手続き

を選びます。

電話はオペレーターに繋がりサポートを受けながら申込みができるのでスムーズです。

届いたメールのURLより審査情報の入力

届いたメールのURLより審査情報の入力

 

こちらではオンラインでの申込みを進めます。【続きはこちらから】をクリックすると、

情報入力画面に遷移しますので以下の情報を入れます。

paypay本申込画面 基本情報

paypay本申込画面 イメージ

paypay本申込画面2(個人事業主)

paypay本申込画面 イメージ

  • お客様情報
  • 事業形態
  • 法人情報・個人事業主情報
  • 代表者情報
  • 法人名または加盟店情報(屋号名など)
  • 法人の場合:登記簿謄本または登記事項証明書
  • 個人事業主の場合:本人確認書類
    ※運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど
  • 販売形態、お取り扱い商品
  • 規約同意

許認可の業種の方はさらに

古物など認可業種の場合は認可証が別途必要です。

業種許認可証
中古品・リサイクル品・古物の取扱有古物商許可証
鍼灸院・治療院・接骨院・整骨院開設届出済証明書
旅行代理店旅行業登録票
医療相談・法律相談資格認定証/登録証
運転代行業自動車運転代行業認定

【ステップ4】PayPay側で審査

申込みが完了したら後はPayPay側で加盟店の審査があります。

反社会的勢力ではないかなどを含めPayPay加盟店として問題がないかを審査します。

ここでは特にアクションすることは無く、結果を待ちましょう。

【ステップ5】審査通過後、ご利用開始のお知らせメールが届く

入力した内容・情報に不備がなければ、お申込み後、約2営業日で審査結果をご登録メールアドレスへ届きます。

審査が通っていたら、晴れてPayPay加盟店の仲間入りです!

【ステップ6】PayPayコードキットが届き初期設定して完了

PayPayコードキット

PayPayコードキット

登録した住所に「PayPayコードキット」が郵送されてきます。

後はマニュアルに沿って初期設定を行い、店頭にPayPayコードを設置して完了です。

 

流れが分かったら早速、申込み開始です!

 

スポンサーリンク

導入費用(初期・ランニング)

気になる導入コストはどうでしょうか。

PayPayコストは0円

PayPayコストは0円

PayPayは加盟店に優しいです。

  • 初期導入費:0円
  • 決済手数料:0円(3年間無料キャンペーン実施中)
  • 入金手数料:0円(ジャパンネット銀行指定の場合は累計決済金額が1万円以上で永年無料)
    ※その他の金融機関を選択しても2019年9月30日まで手数料無料(累計決済金額が1万円以上)
  • 解約手数料:0円

入金口座をジャパンネット銀行にすれば3年間無料です。

加盟店は100万店舗をこえています。

サービス開始からそこまで経っていないのにここまで加盟店が増えているのには、加盟店の導入コストが0円という部分が非常に大きいですね。

解約手数料も無料なので、お試しで導入する店舗が増えています。

まずは導入してみて全然効果が無いと感じたら解約してもコストは0円です。

中国人の決済(アリペイ)も使え、集客に繋がるので、まずはお試しで導入してみるとよいと思います!

 

 

入金口座はジャパンネット銀行がおすすめ

PayPayは、ジャパンネット銀行であれば入金が翌日となり手数料がかかりません。

その他の金融機関であれば、入金が最短で翌々営業日で手数料は2019年9月30日まで0円無料ですが、随時有料化されることも見込まれていますのでPayPayを導入する店舗の方はジャパンネット銀行の口座開設も合わせて行うとよいでしょう。

なぜ、ジャパンネット銀行だけ手数料が無料なのかというと、グループ会社だからですね。

口座開設はもちろん無料ですのでPayPay加盟店になる方はジャパンネット銀行の口座はマストで必要です。

無駄な経費は削減しましょう。

最後に

いちユーザーとしてPayPayをまだ使っていない人は、試しにどのようなものか使ってみてください。

PayPay(IOS専用)iPhone

PayPay(android専用)

 

 

 

 

 

店舗メリットだらけのコストも掛からないPayPay加盟店の申込みはこちらからどうぞ。

 

-キャッシュレス決済, スマホ決済

Copyright© みんなのポイ活 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.