クレジットカード

法人カードはどれがいい?迷ったらコレ!総合点の高いカードをご紹介

個人事業主の方や会社を経営している方向けに法人用のクレジットカードがあります。経費の可視化・事務処理の短縮化・経費削減の3点が法人カードの大きなメリットです。おすすめの法人クレジットカードをご紹介いたします。

経費の可視化

経費の可視化会社経営・個人事業主の方におすすめのクレジットカードのご紹介です。何にいくら使ったのかクレジットカードなら簡単に分かります。カードの明細はWEBで基本的に見ることができ、エクセルなどの形式でダウンロードすることも可能です。経費の一覧化が簡単なので、無駄な出費が無いかなど販管費などの見直しにも役に立ちます。

また会計ソフトで処理する場合や税理士に頼んでいる場合はお互いやり取りも減り時間の節約にもなるので、本業に専念する時間を増やせます。

事務処理の短縮化

法人カードには社員・従業員にも持たせることができます。特に運送業など車を使った仕事の場合は社員がガソリン代など立て替える場合があると思いますが、定期的に立て替えが発生するような仕事の場合は便利です。

社員との精算業務が発生しなくなる分事務処理が減り作業の短縮化に繋がります。

経費削減

時間の削減は人件費などの経費削減にも繋がりますが、クレジットカードによってはポイントが付くため、ついたポイントで会社の備品を購入するなどでさらに経費を抑えることができるのもポイントです。事務所の備品なども1年間で考えるとばかになりません。

法人カードの決済額はある程度の規模になると思いますので貯まるポイントもけっこうな額になると思います。少しでも経費削減になるのは会社経営には大切なことです。

また法人カードは経費として計上ができますので節税対策にも一役買います。

ご紹介する法人カード

いくつかおすすめの法人カードをご紹介します。法人カードには様々な種類があり選ぶのが大変ですよね。一般的に多くの人が持っている総合的におすすめできるカードをご紹介いたします。

JCB法人カード

【JCBカード】プロパー・ビジプラ 

JCB法人カードの特徴

  • 年会費1250円(一般カード)
  • 追加カードは何枚でも作れる
  • ETCカードも何枚でも追加無料
  • ポイント/マイル/キャッシュバックが得られる
  • 法人会員向けサービスがある

JCB法人カードの種類

JCBの法人カードは一般からプラチナまであります。まずは一般から始めてみるのがよいでしょう。一般カードなら年会費も1250円(税抜)と安く持つことができます。

一般カードの利用限度額が月に100万円までですのでそれ以上使う方はゴールドがおすすめです。付帯サービスなどもランクによって異なります。

追加カード

JCB法人カードの最大のメリットは追加カードを複数作れることです。もちろん、追加毎に年会費も掛かります。他の法人カードは枚数に制限がありますが、JCB法人カードの場合は制限がないため、社員や従業員の数だけ作ることも可能です。

ただし、注意しないといけないのは限度額は合算されます。例えば利用限度額が100万円のJCB法人カードに追加カードを作ります。JCB法人カードと追加カードの利用金額の合計が100万円を超えないようにしないといけません。

入会キャンペーン

入会時にキャンペーンをしているかどうかも選ぶポイントでしょう。JCB法人カードの本キャンペーンからご入会いただくと、2つの特典があります。初年度は年会費が実質無料になるので、試しに作ってみるカードとしてはJCB法人カードはおすすめです。

  • 最大12000円のキャッシュバック
  • 初年度年会費キャッシュバック

【JCBカード】プロパー・ビジプラ

三井住友ビジネスカード for Owners

 

日本では知名度・人気ともに抜群の三井住友カード。もちろん法人カードも発行しています。クラシック・ゴールド・プラチナの3種類あり、申込みはすべて法人代表者、個人事業主の方が対象です。法人として申込みはできず、個人として申込みが可能なカードです。

一応3種類のスペックを記載しますが、基本的にはクラシックでよいでしょう。

クラシックカード ゴールドカード プラチナカード

[年会費]
本会員 税抜1,250円+税
パートナー会員1名につき 税抜400円+税
インターネット入会で
初年度年会費無料

[お申し込み対象]
満20歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方(従業員の方はパートナーカードを発行します)

[年会費]
本会員 税抜10,000円+税
パートナー会員1名につき 税抜2,000円+税
インターネット入会で
初年度年会費無料

[お申し込み対象]
満20歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方(従業員の方はパートナーカードを発行します)

[年会費]
本会員 税抜50,000円+税
パートナー会員1名につき 税抜5,000円+税

[お申し込み対象]
満30歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方(従業員の方はパートナーカードを発行します)

特徴

  • ETCカード(年会費 税抜500円)
  • 【ゴールドカード/プラチナカード】海外・国内旅行傷害保険
  • クラシックカード】海外旅行傷害保険
  • ワールドプレゼント(三井住友カードのポイント制度)
  • 【ゴールドカード/プラチナカード】空港ラウンジサービス無料
  • ビジネスサポートサービス
  • 福利厚生代行サービス
  • ショッピング補償
      クラシックカード ゴールドカード プラチナカード
    年間補償限度額 100万円 300万円 500万円
    対象となる利用 海外利用 国内利用・海外利用 国内利用・海外利用
  • キャッシング機能あり
    【クラシックカード/ゴールドカード】0~50万円
    【プラチナカード】0~100万円

といった具合で、サポートがかなり充実しています。選ばれている人気の理由です。サポート面重視の方は三井住友ビジネスカード for Ownersはおすすめです。

 

ビジネクスト法人カード

ビジネクスト法人カードビジネクスト法人カード

ビジネクスト法人カードの特徴

  • 年会費無料
  • 追加カードが50枚まで作れる
  • ETCカードも無料
  • 限度額100万円以下なら会社の審査は不要、本人確認書類だけ
  • ポイント還元率0.25%

年会費無料

ビジネクスト法人カードの最大の利点は「年会費無料」です。年会費は会社でいうと固定費にあたります。固定費を気にせず、かつクレジットカードは即時支払いではないので資金繰りで有効活用できますね。特にベンチャーなど出来立ての会社などは重宝されるカードです。

法人カードで年会費が無料のカードはなかなかお見かけしないです。固定費をできるだけ抑えたい方には、ビジネクストカードがおすすめ!

追加カードが50枚まで作れる

従業員向けに追加カードが50枚まで作ることができます。しかも、追加カードの年会費も無料です!持たせておけば立て替え精算などの事務処理コストを削減できます。従業員にも持たせたい、でもコストは抑えたい個人事業主・経営者の方にはかなりよいサービスです。

ETCカードも無料

ETCカードは無料1枚発行が可能です。無料なのでとりあえず作っておくとよいでしょう。

限度額100万円以下なら会社の審査は不要、本人確認書類だけ

法人クレジットカード発行には通常、財務書類の提出などによる審査がありますが、限度額100万円以下であれば会社の審査は不要となり、本人確認書類だけの提出でOKです。

ポイント還元率0.25%

利用金額2,000円ごとに1ポイント貯まり、貯まったポイントは特典と交換が可能です。交換できる特典は「VISAプリカ」などのギフトカードが多くあります。ポイント数に応じて数千円分のVISAプリカに交換したりできます。ただし、還元率は0.25%とかなり低いのが難点です。ポイント還元よりも年会費や追加カードなどにメリットがあるので、ポイントはオマケくらいの気持ちで考えておくとよいでしょう。

ビジネクスト法人クレジットカードゴールド

ゴールドカードもあります。年会費は10,000円(税抜)ですが、ゴールド会員専用の特典があります。特典に魅力を感じたらゴールドも検討してみてください。

ゴールド特典

  • ポイントが2倍貯まる(2,000円で2ポイント)
  • 主要空港ラウンジが無料
  • ロードサービス
  • 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険の最高5,000万円
  • ショッピングガード保険及びシートベルト傷害保険200万円
カード名称 ビジネクスト・法人クレジットカード ビジネクスト・法人クレジットカードゴールド
入会資格 個人事業主・法人代表者 個人事業主・法人代表者
財務書類 不要 不要
  ※限度額100万円以下の場合 ※限度額100万円以下の場合
従業員カード 50枚まで 50枚まで
年会費 無料 10,000円(税抜)
支払口座 代表者名義(屋号不要)・法人名義 代表者名義(屋号不要)・法人名義
ショッピング利用枠 5~300万 5~300万
  ※300万超の限度額設定のご相談も承ります。 ※300万超の限度額設定のご相談も承ります。
国際ブランド VISA VISA
ポイント制度
ETCカード 年会費無料 年会費無料
審査に必要な書類 ・免許証・健康保険証・パスポートなど身分証のコピー ・免許証・健康保険証・パスポートなど身分証のコピー
  ・履歴事項全部証明書※法人のみ ・履歴事項全部証明書※法人のみ

EX Gold for Biz (エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ)

経費処理の一本化!公私の区別が明確に!

オリエントコーポレーションが発行する法人カードです。個人事業主向け(EX Gold for Biz S)・法人向け(EX Gold for Biz M)の2種類のカードがあります。ともに年会費は2,000円(税抜)で初年度は無料になっています。

  EX Gold for Biz S EX Gold for Biz M
対象 個人事業主向け 法人代表者向け
年会費 2,000円(税抜) ※初年度無料 2,000円(税抜) ※初年度無料
追加カード なし 3枚まで発行可
(年会費無料)
ETC発行枚数 1枚 各カード1枚
※追加カード1枚に付きETCカードも1枚追加可能
ETC年会費 無料 無料
電子マネー Visaタッチ決済(Visa payWave)
MasterCardコンタクトレスに対応
Visaタッチ決済(Visa payWave)
MasterCardコンタクトレスに対応
キャッシング機能 あり なし
限度額 10万円~300万円 10万円~300万円
国際ブランド VISA・MasterCard VISA・MasterCard

国際ブランドはVISAとMasterCardの2種類から選ぶことが可能です。個人事業主・法人代表者の方は海外に行くこともあるでしょう。VISA・MasterCardは国際的に利用ができるブランドです。どちらでも世界中の主要都市はもちろん、地方でも利用する場所が増えており、出張等で困ることはないでしょう。

付帯サービス

  • 空港ラウンジが無料(同伴者1名まで無料)
  • 会計サービスfreeee有料プランが特別料金で利用可能
  • かざすだけで支払いできるタッチ決済機能搭載

空港ラウンジが無料

空港のラウンジが無料で利用できるのは法人カードのメリットです。国内の空港はほぼ利用ができます。国内出張の際には必ず使いますね。

  • 仁川国際空港
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港
  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 新千歳空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 新潟空港
  • 富士山静岡空港
  • 中部国際空港
  • 関西空港
  • 那覇空港
  • 大阪国際空港
  • 岡山桃太郎空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 熊本空港
  • 大分空港
  • 鹿児島空港

会計ソフトfreee

freeeというクラウド会計ソフトの有料プランが特別料金で利用ができます。会計ソフトを検討している方、もしくはすでにfreeeを使っている方はおすすめです。

タッチ決済機能

国内・海外のお買い物に便利なMastercardコンタクトレスVisaのタッチ決済を搭載。少額のお買い物でもカードで簡単お支払いができます。専用の端末アにかざすだけでクレジットカード決済ができるので非常に便利です。以下のマークがある各加盟店で利用ができます。

コンタクトレス

付帯保険

  • 旅行傷害保険
  • ショッピング保険(ショッピングガード)

海外旅行傷害保険(自動付帯

海外旅行中に、ケガをしたり、病気にかかって支払った治療費・入院費用や、携行品が盗難にあった場合の損害などを補償いたします。

保険金額 最高2,000万円

海外旅行傷害保険は自動付帯といい、持っているだけで摘要される保険です。多くは利用付帯といい、カードを使った旅行の場合のみ適用される保険です。自動付帯の海外旅行傷害保険はメリットが大きい保険です。

国内旅行傷害保険(利用付帯)

国内旅行中に事故に遭い、死亡またはけがによる後遺障害が生じた場合に補償いたします。

保険金額 最高1,000万円

こちらは利用付帯となっています。国内旅行などされる際はカードを利用して旅行代金を支払うことで付帯される保険です。

カード利用によって購入した商品が購入日(発送等による場合には商品の到着日)より90日以内に破損、盗難、火災などの偶然の事項により損害を被った場合に補償されます。年間最高100万円です。

年間最高 100万円

免責金額 1万円

ポイントも貯まる

ポイント制度はカード利用で貯まる「暮らスマイル」とキャンペーンでもらえる「オリコポイント」の2種類があります。

「暮らスマイル」は、カード利用1,000円で1ポイントたまり、限定アイテムに交換ができるポイントです。一方、「オリコポイント」はキャンペーンで貯めて500ポイントからTポイントを始めとした他社ポイントに交換が可能です。

オリコポイント 交換先例オリコポイント 交換先例

入会キャンペーン

オリコポイントが最大7,000ポイントがもらえる入会キャンペーンを開催しています!初年度無料で7,000ポイントがゲットできるチャンスをお見逃しなく!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

法人カードの大堂と言えばアメリカン・エキスプレスですね。通称アメックスはステータスカードである点とビジネスサポートが充実している点が持つ理由になってきます。

  • 出張費や接待費、通信費、広告費のカードご利用でポイントが貯まる
  • 空港ラウンジや手荷物宅配サービス等、出張時に役立つサービスをご用意
  • 貯まったポイントは、アイテムへの交換やマイルに移行可能

ポイントが貯まる

アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード®」はご利用代金100円につき1ポイント貯まります。さらに、貯まったポイントを一度でも好きなアイテムに交換すると通常最大3年間のポイント有効期限が無期限になります。

メンバーシップ・リワードの特徴は以下です。

  • 100円で1ポイント
  • 500以上のアイテムに交換
  • マイルや他社ポイントにも交換
  • 商品券に交換
  • 支払い代金に充当

Tポイントや楽天スーパーポイントに交換ができ、3000ポイントが1000ポイントに交換できます。還元率は0.3%です。また支払いに充当する場合は1ポイント0.3円換算になり、3000ポイントから使うことができます。他社ポイントへの交換と条件は同じです。

交換先で人気なのはマイルと商品券に交換です。還元率が良いのが人気の理由です。

交換できるマイルはこちらです。

提携航空パートナー マイレージプログラム
ANA ANAマイレージクラブ
チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム
ヴァージン アトランティック航空 フライングクラブ
デルタ航空 スカイマイル
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス
キャセイパシフィック航空 アジア・マイル
シンガポール航空 クリスフライヤー
ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ
スカンジナビア航空 SAS ユーロボーナス
アリタリア-イタリア航空 クラブ・ミッレミリア
エールフランスKLM航空 フライング・ブルー
フィンランド航空 フィンエアー・プラス
エティハド航空 エティハド ゲスト
エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
カタール航空 プリビレッジクラブ

最後に

まとめです!おすすめの法人カードをご紹介させていただきましたが、それぞれ特徴がありますのでご自身の経営スタイルにあったカードを申込みください。

経営者タイプ別に選ぶ!