その他

オンライン飲み会を盛り上げる方法!たくのむ、zoom、LINE、Teams、Googleハングアウトなど

オンライン飲み会

在宅勤務、夜も楽しむ!オンライン会話ツールを使ってあんなことやこんなこと。

最近はコロナウイルスの影響で不急不要の外出を控え、在宅勤務の方も東京を中心に増えています。在宅勤務で注目されているのがweb会議ですね。zoomteamsなどを使う機会が増えていることは間違いなしです。

ある程度、リモートワークやリモートでの面談も一般的というか、コロナの副産物として市民権が与えられつつあります。特に営業職の方はこれまで会うことが大事だ!何度会ったかで受注が決まる!と思っていた方々も、あれ、以外もweb面談もいける?と思い始めているんじゃないかと。

まあ、働き方の変化が生まれつつある一方で、在宅勤務中でもプライベートも出来る限り楽しむ方法として少しずつ浸透してきているのが、こちら。

online(オンライン)飲み会

そこまで呑みたいか!そこまで呑みたいんです。みんな在宅勤務になったらなったで寂しさは感じているんです。そこで始まったのがzoomなどでのオンライン飲み会。LINEやGoogle hangout(ハングアウト)、Face Time なんかでもオンライン飲み会できます。

メリットありありです

  • 経済的(安く済む)
  • 好きなものが食べられる
  • 気を使わない
  • トイレいつでも行ける
  • 割り勘とか面倒なやつなし
  • 予約も人数調整も必要なし
  • いつでも帰れる
  • いつでも参加できる
  • 家族・恋人など気軽に紹介できる
  • テレビ・ネット観ながら参加できる
  • 時には音声だけで参加もできる
  • お茶でもバレない(無理やりお酒を飲ませられない)

経済的(安く済む)

こちらは言わずもがなですが、家飲みなので缶ビールなど買ってきて参加すればOKですので、居酒屋で数千円掛かるのに比べたらかなり経済的です。

居酒屋やレストランではすべて店の人がやってくれるので高い設定になっていますので、例えばビールでも500円とか普通にします。缶ビールだとレギュラービールでも200円くらいです。つまり飲み物だけでも半分以下に抑えることができますね。

好きなものが食べられる

居酒屋だと何をどれだけ食べても割り勘になることもありますが、全然食べてないとか、苦手なものばっかりだったとかちょっと不満もあったりします。

だけども、家なら自分の好きなものだけ、好きなだけ誰にも邪魔されず食べれますね。当たり前なんですが。出前取ったっていいですよね~!

気を使わない

飲み会では、誰かお酒が無くなっていないを注意して気を張っていたり、何かとリラックスできない部分・人もいると思いますが、家ならそんなことはまったく気にせずでOKです。というか、気にしても対応できないです。

トイレいつでも行ける

当たり前ですが、トイレを待つ心配なしです。好きな時に好きなだけトイレいけます。

割り勘とか面倒なやつなし

役職・性別・年齢・参加時間などバラバラの飲み会では人に応じて金額に傾斜をつけたりするケースもありますよね。

オンライン飲み会なら自分で飲み食いした分だけ払えばOK!上司も多めに支払わなくて済みますね。オンライン飲み会は上司も部下もHAPPYです。

予約も人数調整も必要なし

これも当たり前。店探しや予約・人数調整の手間もありません。オンライン飲み会のURLだけ共有すればOKです。

いつでも帰れる

というか、既に家!なので、いつでも寝れます。

いつでも参加できる

家に帰って準備ができた時点で参加すればいいので、何時開始!など気にしなくてもOKですね。好きなタイミングで参加しましょう!

家族・恋人など気軽に紹介できる

飲み会に連れていけないけど、家なら簡単に手軽に気軽に紹介ができますね。人によっては一緒に参加する場合も。子供も飲み会に参加できちゃう時代です。(子供はジュースで)

テレビ・ネット観ながら参加できる

好きなTV番組やドラマなども参加しながら観れます。その時間だけ一瞬消えてもOKですし、参加しながら観ていても。とにかく家は自由ですね。

「ちょっと見たい番組始まったので失礼!」もオンライン飲み会ならではの光景になりそうです。

時には音声だけで参加もできる

映像映すのが気まずい場合は音声だけでも参加できるので、会話はちゃんと参加できます。風呂上りとか、すっぴんとか、見られたくない時は音声のみの参加でも大丈夫。

お茶でもバレない(無理やりお酒を飲ませられない)

何を飲んでいても自由なので、お茶でもバレません。普段お酒を強要してくる人がいても、オンライン飲み会ならバレ&強制できないので。今はそんな方いたら、パワハラになっちゃいますが。

メリットたくさんでした

なんかメリットを挙げるとキリなさそうなのでこの辺で。という感じでデメリットがあまりないのか?という感じです。

2人きりであれば、そりゃ、フェイストゥフェイスに越したことはないですが、数人の飲み会であれば会わなくても十分オンラインでの飲み会で楽しめそうです。

オンライン飲み会の掟/注意点

掟というほどでもないですが、ある程度先にルールごとを決めておくとさらに楽しくできます。

  • 終わりの時間
  • 家族にやたらと絡まない
  • 飲み過ぎ注意

終わりの時間は前もって決めておくのが良いです。大勢であれば尚更、決めておかないとエンドレスになってしまいます。通常居酒屋では閉店・終電・席の時間など外部的な要因で終わりの時間が自然と決まります。

が、オンライン飲み会は家なので外部的要因が無く、エンドレスになる可能性もあるので、開始前にだいたいの終わり時間を決めておきましょう。

飲み足りない人は個別に連絡してまたオンラインで繋げばOKですよね。

参加者の子供などが画面に入ってきたりすることはよくあります。そりゃ家ですからね。少しならいいでしょうが、必要以上に奥さんや旦那さんに絡まないこと。タチの悪い酔っ払いにならないように注意しましょう。二度と呼ばれませんよ。

飲み過ぎも注意です。特に家に1人しかいないで参加している方!みんなで飲んでいる時は飲み過ぎたら誰かが介抱してくれるかもですが、1人飲み過ぎで倒れたら誰も助けられません。寝ちゃうくらいならいいですが、一人で急性アルコール中毒にならないよう飲み過ぎ注意です。オンライン飲み会に限らずですが。

そんなとこを守りながら楽しく快適に行いましょう。

zoom飲み会を盛り上げる方法

飲み会を盛り上げる方法として検索すれば、手品やらゲームやらなんやら色々面白いネタが出てくると思いますが、オンライン飲み会ならではの盛り上げる方法を考えてみました。

直接会えないという一見デメリットな部分を逆に活かした方法です。

  • オンライン越しの「あーん」
  • みんなでお絵描き

オンライン越しの「あーん」

これは仕込みが必要ですが、画面越しにあーんする遊びです。同じ食べ物を用意しておいて、片方は、食べるマネ、もう片方はあげるマネをカメラに向かってします。

タイミングを合わせて行えば、あたかも「あーん」したかのように見えます!ほかにも「あたかも」同じ場所にいるように見せるゲームにチャレンジしてみてください。みんなで行えば盛り上がること間違いなし!

みんなでお絵描き

オンラインというデジタルな仕組みを使った飲み会に、あえて「アナログ」な紙で遊びます。ゲームの内容は簡単です。お絵描きのお題を出して、紙に描いて一人ずつ見せ合いするだけ。これがまたかなり盛り上がりを見せます。

ルールは見たり、WEBで検索してはNGというだけ。想像でお絵描きです。

アンパンマンやドラえもんといった簡単なものから、徐々に難易度をあげていくと面白いです。みんなの絵心が分かります。

他にも何かあれば募集です!

オンライン飲み会おすすめツール

たくのむ

たくのむ
  • アプリダウンロード・会員登録不要
  • URLを共有するだけで誰でも参加可能
  • 時間設定が可能(1時間・2時間・無制限等)
  • 最大6名まで無料で同時ビデオ通話可能(期間限定で12人まで無料開放中)
  • 「Snap Camera」と連動してARエフェクトが利用可能

「たくのむ」はサービスリリースしてから一気に人気になりました。誰でも使えて、アプリのダウンロードも不要なので参加のハードルが低いです。URLを送るだけ!

 

さらに『Snap Camera』というARエフェクトが可能なサービスと一緒に使うことでさらに楽しくオンライン飲み会ができます。これ面白いのでおすすめです。これだけでだいぶ楽しめます!

Snap Camera

スナップカメラ

https://snapcamera.snapchat.com/

様々な面白エフェクト機能が使える!化粧機能もありますので、会社の会議や社外の方との面談でも活躍します!

その他のサービス

会社などの会議で既に利用しているものがあれば、それを使ってオンライン飲み会を行うが一番早いです。ZOOMなどがメジャーですね。会社のメンバーでオンライン飲み会するなら割とスムーズにできるはず。ZOOMは無料版だと40分で切れてしまうので(再ログインすればまた40分)面倒な人は他のサービスを利用するとよいでしょう!

ZOOM

Google ハングアウト

Microsoft Teams

最後に

以上、オンライン飲み会についての感想・楽しみ方でした!こんなご時世だからこその楽しみ方を追求していきましょう。この記事を読んだ方が、勇気をもって友達や会社の人に提案してみてください!

オンライン飲み会に始まり、講習やサロン、英会話、お見合いなどオンラインのサービス利用者が増えてきています。家にいながらできるのでメリットが多いのでしょう。もともとあったメリットが再認識されたように感じますね。

是非、オンライン系のサービスにもチャレンジしてみてください。家で出来ることだったたくさんありますね!