スマホ決済

特典ポイントが選べる!ファミマのスマホ決済サービス【ファミペイ(FamiPay)】のメリット・デメリット

ファミマ ファミペイファミマ ファミペイ

2019/7/1(月)から全国のファミリーマートでサービスがスタートしたファミペイについてご紹介です。これまでTポイントやTマネーを導入しTポイント陣営として戦ってきたファミリーマートですが、独自の決済サービスを開始です。FM IDという新たなファミマ独自のIDによる会員制度を作って自社でCRMをやって行くことの現れでしょう。

7/1当日は予想以上のアクセスがあったようで使えない人が続出していました。それだけ期待値が高いということでしょう。一定数はアクセスができないことで使わないと判断した方もいるようです。

また同時にお隣セブンでも7pay(セブンペイ)もサービスが開始しましたが、リリース直後不正に合い、あえなく撤退。コンビニ独自のスマホ決済サービスのゆくえはいかに。

ファミペイとは

famipayfamipay

ファミペイはPayPayやd払い・auPay・Origami Payなどと同じスマホ決済サービスです。ファミマで買い物をする際に利用ができます。

事前にチャージをしておくことでスマホ一つでバーコードを提示することで支払いができます。現金を使わなくて済みますので便利です。キャッシュレス社会に向けて各社◯◯ペイが乱立していますが、ファミリーマートも独自のペイを開始しました。

ファミペイサービス概要

ファミペイを使うとどんなお得や便利な使い方ができるのか解説します。

使い方

ファミペイはファミマのスマホアプリでバーコードを提示しファミマの定員が読み取り支払いするスタイルの決済サービスです。

初回登録方法

ファミマアプリをダウンロードしている方は、バージョンアップをするとファミペイアプリにリニューアルされます。規約同意をして簡単に使えるようになります。

ファミマ店頭でチャージをするか、ファミマTカードをアプリに登録・紐付けしてクレジットカードからチャージのどちらかでファミペイが利用できるようになります。

登録できるクレジットカード

ファミペイに登録して残高チャージが可能なクレジットカードは、ファミマTカードのみです。

もっとほかのクレジットカードからもチャージできればよいのに、と思いますがグループ内での相乗効果を高めるためにファミマTカードのみにしているのでしょう。利便性に欠けます。

FamiPayボーナス

ファミペイ利用時の特典は、FamiPayボーナスと呼ばれるものです。

Tポイントではありません。ファミペイで支払いをすると200円(税込)につき1円分(つまり0.5%)の還元ボーナスがあります。またファミポート・代行収納等サービス利用時は1件あたり10円分の還元です。

還元ボーナスはそのままファミペイの残高となるため、ファミリーマートでの買い物で使えます。ファミペイ残高への還元ボーナスに加えてTポイント(2019/11からはdポイント・楽天ポイントも)の二重取りができるようになります。

ファミペイクーポン

ファミペイクーポンファミペイクーポン

過去のファミマアプリ同様にファミペイアプリ上でもクーポン配信機能があります。ゲットしたクーポンは提示等で使えます。ファミペイの初回登録時にもクーポンが無料でもらえます。

ファミペイが使えるもの

ファミリーマート店舗では、原則すべてのお買い物でファミペイがご利用できます

ただし、一部の収納代行のお支払いや、Famiポート商材(各種代金のお支払、Famiパス、寄付、海外送金サービス、貸付金の返済等)、各種電子マネーへのチャージ、コピー・FAXのお支払いには使うことができません。

ファミペイ利用資格年齢

年齢制限はありません、スマホを持っていれば誰でも利用ができます。ただし15歳未満の方親権者同意の上ご登録が必要となっています。

ファミペイ回数券

2019年8月上旬より開始される追加機能です。FamiPay回数券とは、複数枚をまとめてお得な価格で購入できるデジタル商品券のことです。

ファミペイアプリ上でFamiPayを使って購入でき、商品券の特性上、ギフトとして送ることができます。ちょっとしたお礼や誕生日などライトにプレゼントを贈りたいときなどにいいかもしれません。ファミペイ回数券は有効期限が最長6ヶ月で設定されています。

ポイントを貯めるには

ファミペイのポイントファミペイのポイント

 

2019年11月26日からは、ファミペイ決済をするとTポイント・dポイント・楽天スーパーポイントから一つ好きなポイントが貯まるようになります。

貯まるポイントはいずれか1つで200円(税込)につき1ポイントです。貯まったポイントは1ポイント = 1円相当として支払い使うことができます。

つまり、これまでTポイントだけが貯まっていたファミマですが、2019年11月26日より、「楽天ポイント」「dポイント」も貯まるようになるということです。

FamiPay決済FamiPay残高への還元ボーナスがありますが、それに加えてもらえるので特典を何重取りかできそうですね。

気になる各ポイントの登録方法ですが、ファミマのHPには以下のようにあります。

ファミペイへの登録は、各ポイントカードのサイトで登録したID・パスワードが必要です。

https://www.family.co.jp/famipay/teaser.html

 

ファミペイの会員規約を読むとFM IDという記載があります。リリースしたと同時にファミマの会員制度をスタートしています。FM IDと各種ポイントを紐付けてどのポイントを貯めるか自由に選べるようになりそうです。

3つのポイントが全部登録できるなら、全部登録しておくのもOKですが、一番貯めたいポイントを選ぶことも大事です。

当サイトでは一番貯めたいポイントを選ぶ基準はこちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
貯めるポイントを選ぶ
ポイントたくさん貯める準備|まずは一番貯めたいポイントを選ぶ【選ぶ基準あります】「みんなのポイ活」はポイントを貯めるお手伝いサイトです。 すでにこのサイトを見ている人は何かしらのポイントを貯めていて、Googleや...

最大15%還元キャンペーン

ファミペイ開始ファミペイ開始

 

2017/7/1から2019/7/31までの1ヶ月間、ファミペイチャージキャンペーンを開催していました。チャージ金額に応じて最大15%還元です。15%の還元をゲットできるのは、ファミマTカード(クレジットカード)によるファミペイチャージだけ。ファミマTカードを持っている人はチャンスですので、チャージしておくことをおすすめします。チャージだけで15%戻ってくる総額88億円のバラマキです!

最後に

キャッシュレス戦争の日本でファミペイは使われるサービスになるのか、今後の動向も追っていきます。

ファミマだけで使えるファミペイが他のペイに勝てるのか、少し疑問ですが、特典やサービスの拡充で他のペイとの差別化がなされれば、ファミマをよく使うユーザーにおいては利用される可能性もありそうですね。

今後は提携しているドンキ・ホーテ、スーパーのユニー、アピタ・ピアゴなどでもファミペイが使えるようになる可能性は大いにあると思います。是非一度使ってみてください。ファミマユーザーならお得・便利なサービスであることは間違いありません。

\初回登録時にクーポンがもらえます/

ファミペイアプリダウンロード