Tポイント

Tリーグのアンケート結果が面白い。オフィシャルスポンサーのTポイントがリーグの来場者を分析!

卓球Tリーグ卓球Tリーグ

リーグ(サッカー)、Bリーグ(バスケ)に続き、今、Tリーグ(卓球)が熱い。

Tポイントがオフィシャルスポンサーに

株式会社Tポイント・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:北村和彦)は、卓球プロリーグを展開する一般社団法人Tリーグ(本社:東京都文京区、チェアマン:松下浩二)と20193月にオフィシャルスポンサー契約を締結し、829日より開幕する「ノジマTリーグ2019-2020」より、本格的な応援企画に取り組んでいくこととなりましたので、お知らせいたします。

Tポイントを運営するTポイント・ジャパンがTリーグのオフィシャルスポンサーになったようです。

TポイントのTTリーグのTなの?

卓球「Tリーグ」は、「世界No.1の卓球リーグを実現する」「卓球のスポーツビジネス価値を高める」「卓球を通じて人生を豊かにする」という理念のもと、ドイツの卓球リーグを参考に、日本卓球協会はじめ各関係団体とともに、Tリーグ構想の実現を目指して活動しています。

201810月に開幕したファーストシーズン「ノジマTリーグ2018-2019」では、シーズン全体で男女86試合約11万人の入場者数を記録しました。

シーズンを通して11万人なので野球やサッカーに比べるとまだまだ少ないですが、伸びしろがあるリーグです。

Tポイント・ジャパンは、スポーツの持つ本質=人の心を動かす、という素晴らしいチカラを多くのみなさまに体感していただくことを目指し、ゴルフ、野球、サッカー、バスケットボール、スキー、フォーミュラカーレースなど、様々なスポーツとのコラボレーションを行っています。このたび、幅広い層に親しまれている卓球を、国際的にも強くするために尽力されている「Tリーグ」の姿勢に共感し、さらに多くの方々に知っていただくためにも活動を応援させていただくことを決定いたしました。

 

クラウドファンディングにて応援企画

グリーンファンディング 応援企画

応援企画の第一弾として、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社のグループである株式会社ワンモアが運営するクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて、Tリーグが考案したビジネスが円滑になるコミュニケーションツール「Tリーグ公式オリジナル卓球台【Smash it!テーブル】」のクラウドファンディング(https://greenfunding.jp/)を8月29日(木)より開始します。このオフィス用卓球台の普及プロジェクトを通じて、身近なところから卓球ファンが増えていくことを期待しております。

GREEN FUNDINGTポイントで支援ができるクラウドファンディングです。ガジェットが多い印象ですが、アイドルなんかの支援もあります。

[st-card id=2685]

卓球台、家にほしい~!しかもお洒落!

普段はテーブルとして使え、お洒落なインテリアにもなり、風呂上がりには卓球ができる、卓球台って実は最高のエンターテイメント?

一家に一台あればコミュニケーションにもいいですね。喧嘩した時の仲直りは卓球ラリーで。

来場者アンケート結果

Tポイント・ジャパンは、317日に行われた「ノジマTリーグ2018-2019」シーズン・プレーオフファイナルにて来場者アンケートを実施し、結果を公表しています。

TリーグアンケートTリーグアンケート

卓球観戦に来ている人はやや年齢層が高めです。男女ともに50代がメインの模様。男性の方がやや多いですが、女性も割と来ているのが個人的に面白い結果です。

誰と来ているかという質問には、恋人や配偶者と一緒にが24%で1番多い結果です。デートで卓球を観に行くという選択肢が今後増えるかもしれませんね。

その中で「卓球」は、学校や温泉宿泊宿、公民館などでプレーした経験が多いスポーツであり、Tリーグへの観戦には配偶者や恋人、子どもと一緒に来ていることからも、子どもから大人まで幅広い世代にとって親しみやすいスポーツとして楽しんでいることが分かる結果となりました。

最後に

割と地味なスポーツのイメージがありましたが、(勝手なイメージですいません!)ここ最近テレビでも国際試合を観ることもあり、迫力満点で、イメージがガラリと変わりました。

スポーツとしての卓球も盛り上がって欲しいですが、最近では卓球ができる居酒屋なんかもありますし、コミュニケーションのツールとしても活躍して欲しいですね。