キャッシュレス決済 クレジットカード

【EPOSカード】メリット・デメリットを解説!EPOSカードは海外旅行に役立つ!必ず持っておきたいサブカード!

更新日:

エポスカードエポスカード(EPOS CARD)は、丸井グループが発行しているクレジットカードです。クレジットカードを初めて持つ方はエポスカードを選ぶ方が多いのではないでしょうか。私も大学生の時に作ったクレジットカードです。年4回開催の「マルコとマルオの7日間」ではマルイでの10%割引、さらに海外に行く際の海外旅行損害保険が自動付帯でついていたり、とってもお得なカードです。

そんなエポスカードについてメリット・デメリットを解説します。学生・新社会人・主婦の方におすすめです!

スポンサーリンク

基本スペック/付帯サービス

カード年会費永年無料国際ブランドVISAのみ
入会特典あり(2,000ポイント~)ポイント還元率通常:0.5%
たまるマーケットを経由:2倍~30倍
マルコとマルオの7日間:10%
追加カードプリペイドカード付帯保険海外旅行損害保険(自動付帯)

エポスカードは年会費が無料です。最大のメリットは海外旅行損害保険が自動付帯
年会費無料で海外旅行損害保険が自動付帯はエポスカードくらいでしょうか。基本的には利用付帯といい、旅行の代金などを対象のクレジットカードで支払った場合のみ、海外旅行損害保険が適用されるカードが多いです。エポスカードは持っているだけで海外旅行損害保険がつくのでお得です。海外などへ旅行・仕事で行く方は持っているとかなりお得です。

また、エポスカードは、通常のエポスカードVisa、エポスカードゴールドカード、エポスカードプラチナカードと種類があります。ゴールド、プラチナも申込みができますが、エポスカードVisaを使っていると「インビテーション」が届きます。インビテーションが届いた方は、ゴールドへ切り替えが可能です。通常ゴールドを申込みしようとすると、年会費が掛かりますが、インビテーションを受け取った方は年会費はそのまま「無料」です。

持っているだけでお得、さらに使っていると「ゴールド」もげGETできるので、海外に行く予定がなくても、早めに作っておくと後々お得になるのがエポスカードです。学生・新社会人の方は特にですね。

特典/ポイント

ポイント還元率は先述の通り0.5%が基本です。貯まったポイントは500ポイント貯めると500円分としてマルイなどで利用できるようになります。1ポイントから使えないのがデメリットです。ポイント制度はいけてません。

提携店で割引

エポスカード提携店で利用すると提携店によりますが、割引料金で利用ができます。遊園地、カラオケ、居酒屋、美容院、ネイルサロン、スパ、温泉など提携店はかなりあります。

予約でお得

舞台やイベントのチケット予約やレンタカー、カーシェア、旅行予約などで予約時にエポスカード会員であることを伝えると、割引などのサービスを受けることができます。

カード利用でポイントアップ

マルイやモディはもちろん、エポスカード提携店でエポスカードを利用すると通常のクレジットカード利用でもらえるポイントに加えて、ボーナスポイントがもらえます。

 

スポンサーリンク

入会審査

入会審査は即時です。エポスカードのもう一つのメリットは「即時発行」です。申込みはWEB・店頭で可能ですが、WEBの場合は早ければ数分で審査が完了するようです。審査完了の通知はメールで届きます。
1週間以上掛かるクレジットカードが多い中、数分で審査完了するのは嬉しいですね。急な海外への渡航が決まった方におすすめです。

発行(カード受け取り)

審査が完了してカードが発行されるまでの流れですが、店頭受け取りと配達の2種類選ぶことが可能です。

店頭であれば、最短当日で受け取り可能です。

店頭受け取りで必要なもの

  • 審査結果のメール(携帯電話の画面またはプリントアウトしたもの)
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの公的書類が必要です)
  • 銀行キャッシュカード(一部の金融機関はお届け印が必要になりますので印鑑は持っていきましょう)

顔写真付きの書類が無い場合は、住所や氏名が確認できるもの必要になるので、公共料金の領収書などを持参してください

配達の場合は、1週間ほどで届きます。(簡易書留)

スポンサーリンク

その他サービス/機能

クレジットカードとして利用できる以外の機能もあります。

プリペイドカード

エポスVisaプリペイドカードも発行しています。VISA加盟店(国内外)で利用できるプリペイドカードです。プリペイドカードは、クレジットカードを持っている方のみ発行が可能です。

もちろん入会金、年会費は無料です!

利用金額の0.5%がキャッシュバックされます。エポスカードは、0.5%のポイント還元ですので、還元率はクレジットカードもプリペイドカードも同じです。

プリペイドカードにも様々なデザインがあり、お好みのカードを持つことができます。ファッション、スポーツ、アニメなど多様なデザインが選べます。

エポスVisaプリペイドカード デザイン

エポスVisaプリペイドカード デザイン

エポスVisaプリペイドカード デザイン

エポスVisaプリペイドカード デザイン

ETCカード

Visaのついたエポスカードすべてに、オプションとして無料でお申し込みいただけます。あくまでもVisaが付いたカードのみです。
車を運転する方は、年会費無料でETCカードもGETできます。

キャッシング

エポスカードはキャッシング枠が設定できます。

融資利率※実質年率18.0%
返済方法一括返済・リボルビング払い
利用可能枠1万円~99万円
返済期間最長70ヶ月
返済回数最大70回
保証人有無不要です
遅延損害金※年率20.0%

始めてのキャッシングなら最大30日間金利が無料です。キャッシング枠はクレジットカードを申し込む際に設定できますが、審査もありますので、学生や主婦の方はまずは、キャッシング枠0円で、クレジットカードを申し込み、利用・返済を滞りなく行い信用がついてからキャッシング枠をつけるのをおすすめします。

エポスカード 始めてのキャッシング

エポスカード 始めてのキャッシング

アプリ

エポスカードはスマホアプリがあり、お得なキャンペーン情報や利用金額・明細の確認、各種手続き、登録情報変更などスマホで全て完結できるようになっています。

エポスカードを利用する時はアプリもダウンロードしておくとよいでしょう。

Apple Pay

エポスカードがApple Payに対応したクレジットカードです。対応のiPhoneもしくはi Watchを持っている方はエポスカードを登録して、Apple Payを使うことができます。

セキュリティ対策

セキュリティについては、不正利用検知システムを導入しています。第三者が利用した可能性を判断するシステムです。検知されると取引保留、本人確認などを行いクレジットカード利用の安全を保っています。

また、紛失してしまい、誰かに不正利用された場合でも、紛失のお届け日より、61日前に遡ってそれ以後の取引を全額補償してもらえます。

利用通知お知らせ機能もあり、クレジットカードを利用したらメールで通知してもらえるサービスもあります。登録が必要ですので、必ず登録しておきましょう。不正利用された際にすぐに気付くことができ、被害を最小限に抑えることができます。

問い合わせ先

営業時間は9:30~18:00※1月1日休業です。

東京:03-3383-0101

大阪:06-6630-0101

 

メリット・デメリットまとめ

メリット

エポスカードの最大のメリットは、海外旅行損害保険の自動付帯です!
ただし、他にもメリットはあるカードですので、持っておくべき1枚だと思います。

  • 年会費無料
  • ETCカード無料
  • 学生・主婦でも申込みできる
  • ゴールドカードを年会費無料で持てる可能性あり
  • 海外旅行損害保険が自動付帯(利用しなくても付帯)

デメリット

デメリットというほどのものは特段ありません。ただし、貯まるポイントについては、還元率1%のクレジットカードがある中で0.5%と低めです。また貯めたポイントも500ポイント貯めないと使えません。ポイント重視という方は、ポイント還元率が高いクレジットカードをおすすめします。

最後に

以上、エポスカードの解説でした。私も海外旅行に時々行くので、エポスカードを保有しております。年会費も無料ですので、持っておくとお得です。ゴールドカードのインビテーションも、かなり高額使っていないといけないのでは?とお思いかもしれませんが、私自身、学生の頃に使っていて、インビテーションがきたので、普段の買い物で使う程度で大丈夫だと思います。もちろん、返済はしっかりしておく必要はありますが。

↓↓↓お申込み・ご検討はこちらから↓↓↓

スポンサーリンク

-キャッシュレス決済, クレジットカード
-

Copyright© みんなのポイ活 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.